BCP対策と『安全配慮義務』 〜見過ごされがちな「ハード対策」の再点検〜

 【総務・法務・安全・施設管理 各部門の皆様必見!】

 2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震による災害をきっかけに、「BCPの策定・運用」が企業のリスク対策において喫緊の課題として取り組まれています。
 一方で、企業の現場では「コスト縮減・効率化」の目標の下、ソフト重視の対策(BCPのマニュアル策定等)がなされ、事業継続の前提となるハード対策による事前防災対策が先送りされるなど、バランスを欠いた対応も散見されます。

 そこで本セミナーでは、「安全配慮義務」をキーワードに、BCP各対策の再点検のポイントを解説。ソフト対策を機能させる前提となる事前のハード対策例や、取締役をはじめとした経営層が意識すべき法的なリスクについて、防災・危機管理において豊富な実務経験を有する専門家がお伝えいたします。

開催概要

カテゴリ 意思決定支援とその他の分野
日時 2017年9月20日(水)
13:30開場/ 14:00開始/ 16:30終了  
内容 <プログラム>
14:00〜14:10 ご挨拶

14:10〜15:10 BCP策定と法的リスク 
講師:リーガル・リスクマネジメント研究機構 代表理事 森 健 (もり たけし)氏

 ・御社は「従業員に対する安全配慮義務」を果たしていますか?
 ・対策を怠った場合や、対策の優先順位に誤りがある場合の「訴訟リスク」
 ・耐震補強をしない決断と、当該施設内に勤務する従業員への「安全配慮義務」

15:10〜15:20 休憩

15:20〜16:00 根拠ある被害想定とハード対策事例
講師:株式会社構造計画研究所 新領域企画マーケティング部 児玉 徹也

 ・対策には何が必要なのか?
 ・耐震診断と地震リスク評価の違い
 ・地震リスク評価は何が分かるのか、なぜ必要なのか
 ・評価結果に基づくハード対策事例

16:00〜16:30 まとめ、質疑応答
講師
対象 総務・法務・安全・施設管理各部門のご担当者様
参加費
定員 先着50名様 
会場
164-0011 東京都 中野区中央4-5-3
東京メトロ 丸ノ内線 「新中野」駅 1番,2番出口より徒歩約1分
会場QRコード
 

 


 

備考
補足資料
主催
共催
協賛


プログラム

はじめての方は「申込」ボタンをそのままクリックしてお申し込みください。ログインIDをお持ちの方は一度ログインしてから「申込」ボタンをクリックしてお申し込みください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ログインID/パスワードをお持ちの方は下記ボックスにログインID、パスワードを入力してログインしてください。
ログインID :
パスワード :
ログインID/パスワードをお忘れの方はこちら

お問合わせ

株式会社構造計画研究所 新領域企画マーケティング部 児玉
TEL: 03-5342-1139 
bcp-seminar@kke.co.jp