「MATLAB/SimulinkによるSDR入門および応用」 2017/10/12(木):入門編、13(金):応用編 中野開催

〜無線信号処理をより実践的に扱えるようになりたい方へ〜

SDR体験セミナーに加えて、さらに詳しくご理解いただくためのセミナー「MATLAB/SimulinkによるSDR入門編」、より原理を詳しく学ぶ「MATLAB/SimulinkによるSDR応用編」を開催します。
実装方法を学ぶだけでなく、SDRを使用するために必要な無線通信や信号処理の基礎からご理解いただける内容です。

開催概要

カテゴリ 情報通信分野
日時 【入門編】2017/10/12(木)10:00~17:00 【応用編】2017/10/13(金)10:00~17:00  
内容 【MATLAB/SimulinkによるSDR入門編】
内容は、背景技術に関する講義と演習のセットとなっています。演習では、Simulink や MATLAB を用いて、送受信機の機能を実装し、 Nuand社のSDR bladeRF により実信号を送受信します。
セミナーで使用したプログラムを変更いただくことでPlutoSDR等にも対応可能です。

受講料 (お選びいただけます)
・税別 94,000円 (bladeRFx40 1台付)
・税別 52,000円 (bladeRFなし、bladeRF購入クーポン8,000円付)
・税別 40,000円 (弊社よりbladeRFをご購入いただいた方)

当日演習用のbladeRFはご用意します。ご持参いただく必要はありません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【MATLAB/SimulinkによるSDR応用編】
無線信号処理で使用する様々な機能のアルゴリズムを理解するためのセミナーです。
講義形式で進行いたします。QPSK、OFDM(WiFi)の信号処理について、仕組みをしっかりと押さえることでご自身でプログラムを組むことが可能になります。

※ 入門編を受講された方か、相当するスキルをお持ちの方の受講を前提としています。
※ 本講義ではMATLAB/Simulinkの実習はございません。

受講料
・税別 35,000円(入門編受講 (過去開催も含む) の方)※初回開催記念価格
・税別 40,000円(応用編のみ受講の方)※初回開催記念価格

--------------------------------------------
・SDRとは
従来の無線機は、アナログ電子回路技術により実現されていました。
しかし近年では、通信方式の高度化・ディジタル化が進んだため、ディジタル信号処理の果たす役割が大きくなっています。一部のアナログ回路を除き、全ての処理を汎用のディジタル信号処理ハードウェアに置き換える動きが加速しました。
更にハードウェアによるディジタル信号処理をソフトウェアで置き換えて誕生した技術が”ソフトウェア無線(Software Defined Radio/SDR)”です。

ソフトウェア無線技術は、従来無線機のほとんどの機能をソフトウェアで実現します。
この技術は今日ではあらゆる開発に欠かせないものとなっています。
例えば、LTEを代表とする高度なディジタル無線通信装置(基地局、端末)や、地デジの送信装置・受信機(テレビ)の開発にも使われています。
講師
対象
参加費
定員  
会場
164-0001 東京都 中野区中野 4-10-2 中野セントラルパーク サウス2F 構造計画研究所
03-5318-3092
会場QRコード
 

【入門編目次】


1部 - SDRチュートリアル、SDRの基本原理


 ・AD/DA変換
 ・サンプリング
   ・サンプリング(標本化)定理
   ・RF信号サンプリング方式の比較
   ・IQ信号とは?
   ・アンチエイリアス(アナログ)フィルタ
   ・リサンプリング


2部 - アナログ無線通信の原理


 ・FM送信機の構築
   ・オーディオ入力
   ・第1次アップサンプリング
   ・FM変調
   ・第2次アップサンプリング
   ・SDRデバイスへの信号出力
 ・FM受信機の構築実習
   ・SDRデバイスからの信号入力
   ・第1次ダウンサンプリング
   ・検波と復調
   ・第2次ダウンサンプリング
   ・オーディオ出力


3部 - ディジタル無線通信の原理


・QPSKシミュレータによる送受信機の実装
 ・QPSK変復調
 ・帯域制限フィルタ
 ・文字列の送受信
 ・スクランブラ
 ・Barker符号
・SDRを用いたQPSK送受信
 ・受信機における補正処理の必要性
 ・AGC
 ・周波数オフセット補正
 ・シンボルタイミング同期
 ・フレーム同期
 ・位相オフセット補正
 ・実機を用いた通信実験


 


【応用編目次】


1部 - シングルキャリア変調


 ・QPSKの概要
 ・粗い周波数補正
 ・細かい周波数補正
 ・タイミング同期
 ・フレーム同期
 ・ソフトウェアAGC
 ・イコライザ
 ・各種フィルタ


2部 - マルチキャリア変調方式(WiFi)


・OFDM概要
・送信機・受信機の機能
 ・ビット生成/スクランブラ/エンコーダ/インターリーバ
 ・1次変調(QPSK/16QAM/64QAM)
 ・OFDM変調
 ・パイロット生成/プリアンブル生成
・受信機における補正処理
 ・フレーム検出
 ・周波数オフセット補正
 ・位相オフセット/タイミング・ドリフト補正
 ・イコライザ

備考
補足資料
主催 株式会社構造計画研究所
共催
協賛


プログラム

はじめての方は「申込」ボタンをそのままクリックしてお申し込みください。ログインIDをお持ちの方は一度ログインしてから「申込」ボタンをクリックしてお申し込みください。

ログインID/パスワードをお持ちの方は下記ボックスにログインID、パスワードを入力してログインしてください。
ログインID :
パスワード :
ログインID/パスワードをお忘れの方はこちら

お問合わせ

株式会社構造計画研究所 事業開発部 大西、鈴木
TEL:03-5318-3092 FAX:03-5318-3095
rrp-sales(アット)kke.co.jp