設計用入力地震動作成システム 運用セミナー(5/23 大阪・5/24 東京)

本年の設計用入力地震動作成システム 運用セミナーは、大阪・東京同時期開催となりました。
内容は、昨年秋の東京開催セミナーと同様のものになります。
ご都合が合わなかった方も奮ってご参加ください。

開催概要

カテゴリ 建設分野
日時 ■開催日■
大阪:2018年5月23日(水) 13:30〜17:30、東京:2018年5月24日(木) 13:30〜17:30  
■お申込■
2018年3月30日(月)〜2018年5月22日(火)
内容 ■会場■
5/23 大阪:コンファレンスプラザ大阪御堂筋 NREG御堂筋ビル 地下1階 コンファレンスルームA
5/24 東京:構造計画研究所 新館地下1階 レクチャールーム
■内容■
本セミナーでは、「SeleS for Windows」(地震荷重設定システム)、「ARTEQ for Windows」(模擬地震波作成プログラム)、「k-SHAKE+ for Windows」(成層地盤地震応答解析プログラム)および「ARTEQ-LP for Windows」(長周期地震動作成プログラム)を運用する上で必要と思われる各プログラムの解析理論・手法、運用上の留意事項、解析事例、操作方法等をご説明いたします。昨年8月にバージョンアップいたしました、「k-SHAKE+ for Windows」および「ARTEQ-LP for Windows」に関する新機能のご紹介もさせていただきます。
■参加費用■
本セミナーでは、参加費用10,000円(税抜き)を頂戴しております。
ただし、下記 銑に該当するユーザ様は無料ご招待となります。
参加費用が発生するお客様へは、お申込み完了後担当者より確認のご連絡を差し上げる場合がございますので、ご了承ください。
  設計用入力地震動作成システムのいずれかの製品を平成29年12月1日以降に購入されたユーザ様
  (ご購入された部署と同一部署のユーザ様に限らせていただきます)
  設計用入力地震動作成システムのいずれかの製品の有料保守サービスを契約中のユーザ様
  アカデミックユーザー様
■注意事項■
全体受付開始は13:00から、途中参加のお客様の受付開始は各セミナー開始10分前からとなっております。当日の受講セミナー変更も可能ですので、受付にてお申し付けください。
講師
対象 ・設計用入力地震動作成システムをこれから利用する方
・設計用入力地震動作成システムを利用してはいるが、理論や入力値の設定判断等にやや不安がある方
上記の方を対象とした内容になっておりますが、興味がある方はどなたでもご参加いただけます。
参加費
定員  
会場

会場QRコード
 
備考
補足資料
主催 株式会社 構造計画研究所 防災ソリューション部
共催
協賛


プログラム

5/23 13:30〜14:20(50分) 【大阪】セミナーA「 SeleS for Windows 」
5/23 14:30〜15:20(50分) 【大阪】セミナーB「 ARTEQ for Windows 」
5/23 15:30〜16:20(50分) 【大阪】セミナーC「 k-SHAKE+ for Windows 」
5/23 16:30〜17:10(40分) 【大阪】セミナーD「 ARTEQ-LP for Windows 」
5/24 13:30〜14:20(50分) 【東京】セミナーA「 SeleS for Windows 」
5/24 14:30〜15:20(50分) 【東京】セミナーB「 ARTEQ for Windows 」
5/24 15:30〜16:20(50分) 【東京】セミナーC「 k-SHAKE+ for Windows 」
5/24 16:30〜17:10(40分) 【東京】セミナーD「 ARTEQ-LP for Windows 」
はじめての方は「申込」ボタンをそのままクリックしてお申し込みください。ログインIDをお持ちの方は一度ログインしてから「申込」ボタンをクリックしてお申し込みください。

ログインID/パスワードをお持ちの方は下記ボックスにログインID、パスワードを入力してログインしてください。
ログインID :
パスワード :
ログインID/パスワードをお忘れの方はこちら

お問合わせ