構造設計者になる人に知って欲しい構造解析のポイント

〜構造図面の読み取り方とモデル化〜

建築構造解析の入門セミナーです。
既存の構造図面から解析モデルを作成するという状況設定で
一貫構造計算プログラムに入力する際に着目する項目、
データ入力の際に注意すべき事項についてのポイントを解説します。
また、弊社解析プログラム(RESP-D)を使用して実際の演習もして頂きます。

内容
・構造図の構成
・キープランの確認と基準階入力
・階高と構造階高、柱梁の寄せの確認
・符号について(柱梁等)
・符号について(スラブ符号と床荷重符号)
・共通 使用材料の確認
・RC部分 鉄筋重心位置とかぶり厚
・S部分 仕口パネル
・床(小梁配置と荷重伝達)
  (床版の応力伝達方向)
  (厚さと剛性評価・スラブ筋)
・壁仕上げ重量
・雑壁
・荷重増分解析
・振動解析(耐震)
・制振装置の配置検討演習(ゲーム形式で競って頂きます)


本セミナーは、初心者向けのセミナーですが、ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
*定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早いお申し込みをよろしくお願いいたします。


皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

カテゴリ 建設分野
日時 開催日:2018/06/12 (13:30〜17:00)   申し込み期限:2018/6/11 (17:00)
内容
講師
対象
参加費
定員 20名 申込受付中
会場
〒164-0011 東京都 東京都 中野区中央4-5-3
TEL:03-5342-1123
「新中野」駅(1番または2番出口)より徒歩約1分
会場QRコード
 
備考
補足資料
主催 (株)構造計画研究所 建築構造工学部
共催
協賛


プログラム

はじめての方は「申込」ボタンをそのままクリックしてお申し込みください。ログインIDをお持ちの方は一度ログインしてから「申込」ボタンをクリックしてお申し込みください。


ログインID/パスワードをお持ちの方は下記ボックスにログインID、パスワードを入力してログインしてください。
ログインID :
パスワード :
ログインID/パスワードをお忘れの方はこちら

お問合わせ

(株)構造計画研究所 建築構造工学部 RESPサポート
TEL:03-5342-1123 FAX:03-5342-1124
E-mail:resp@kke.co.jp